院長挨拶

■院長ごあいさつ

私たち、あおぞら在宅診療所の医師は人口の少ない村や島のへき地にて、唯一の医師として住民の方々の生活をサポートしてきた経験があります。
へき地診療では私たちが唯一の医師だけに「この科目は相談を受けられない」という訳にはいかず何でも患者様の相談にのり
出来る限り応えることを実践しておりました。へき地医療の経験を元に、皆様に在宅での安心できる医療を提供致します。
へき地医療を経験し痛感しているのは、患者さん、ご家族さん、施設スタッフとのコミュニケーションの重要性です。
「コミュニケーション」「医師患者関係」これを私たちは重要視しております。
ご自宅や施設での療養は、ご家族さん、施設スタッフだけでは心配事がたくさんあると思います。
私たちは、このような心配事を減らし、患者さん、ご家族さんが清々しく「あおぞら」を仰げるよう、スタッフ一同お手伝いを致します。
あおぞら在宅グループはお陰様で開業3年目を迎え、東京、神奈川、宮城と徐々にエリアを広げています。どこまでも「あおぞら」の思いを広げていきたいと思っております。
宜しくお願い致します。

 

医療法人社団交鐘会 理事長

あおぞら在宅診療所多摩 院長

吉岡雄樹


あおぞら在宅診療所城南 あおぞら在宅診療所多摩 あおぞら在宅診療所富谷仙台 あおぞら在宅診療所仙台東 あおぞら在宅診療所大阪はなてん